朝早く目覚める。


少し、パソコンをいじり、礼拝説教をチェックする。

いつものとおり、5時からストレッチと腹筋。


朝ごはんを食べる。


メニューはいつもどおり、卵とウインナーとサラダとパンとジャムとヨーグルト。


今日は、妻の母がインフルエンザで7度の熱があり、欠席でさみしい。

朝ごはんが終わると早速、私は礼拝の準備にかかった。

原稿を読み直し、聖書を通読して妻と娘を待った。

186819743




白いテーブルをセットして、敷物をしいて礼拝準備を進める。

妻と娘は、着替えているようだった。

9時になって、日曜学校がやっとはじまった。



Kちゃんは、メモ用紙とはさみを取りに、走り回った。

ようやく、妻の子供賛美が始まった。

「主我を愛す」を歌った。

日曜学校は、ギデオンの勉強だった。

ギデオンが勝利する話だ。

妻が子供・バイブルを使って面白おかしく話す。

ワーク・ブックを娘が必死に解く。

今日も、花丸100点。

日曜学校豆聖書カードを配って、終わった。


すると、突然妻が「あたし、今日、特別賛美しようかしら・・・。」と言った。

もちろん、大歓迎である。

妻が歌うと、つられてKちゃんも歌い始めた。


次は、わたしの出番である。

創世記より「喜びの礼拝」という話をした。

礼拝が終わると、妻がポイントを質問した。

わたしは、説教ノートを手渡した。

娘は、早く、礼拝が終わって妻と外でサッカーがしたみたいだった。

おだやかな日曜日の朝だった。

冬バナー

http://nanpou.jp/