私は過去に何回かの


お葬式をしている。


仲でも印象に残っているのが、


○○さんの300人の大きなお葬式だ。

会場の花はとても、豪華だった。


わたしは、亡くなると娘さんがクリスチャンだったので、


すぐに連絡を受けた。


そして、打ち合わせをした。


プログラムを作った。


特別賛美などを決めた。


ピアノは妻が弾いた。


娘もまだ、小さかったが参加した。


会場はとても広く、プログラムは足りず、会場に人は入りきらなかった。


わたしは、20分ほどの話をした。


そして、次の日は日曜日だった。


ちょうど、教会会議の日だった。


わたしは、特別に抜け出て、仮想上に向かった。


会場につくと、小さな個室に通された。


そして、棺に向かって、「いつくしみ深き」を歌った。


火葬は無事終わった。


お祈りして分かれた。


貴重な体験だった。

冬バナー
http://nanpou.jp/