僕の楽々ブログ

2017年04月

日曜日は礼拝だ。


朝食が終わると、


私は白いテーブルを出し、


敷物を敷いて、


布団を外に干し、


講壇を出して、準備した。


9時から、日曜学校が始まった。


妻が「エマオ」を娘に教えた。

10時になるとばあちゃんが来た。

わたしは、Ⅰコリント2章11節より17節より、「御霊」という話をした。

1.霊

Ⅰコリント2章11節「いったい、人の心のことは、その人のうちにある霊のほかに、だれが知っているでしょう。同じように、神のみこころのことは、神の御霊のほかにはだれも知りません。」

神の心は御霊によってのみわかる。

2.賜物

Ⅰコリント2章13節「この賜物について話すんみは、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。その御霊のことばをもって御霊のことを解くのです。」

賜物は御霊から来る。

3.御霊

Ⅰコリント15章44節「血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。」

御霊のからだもある。

以上。

冬バナー
http://nanpou.jp/

夜中、11時まで眠れずにパソコンをいじった。


冷蔵庫のペット・ボトルの水を飲んだ。


布団に入った。


目が覚めると4時半だった。


妻に詩を送った。


ストレッチと腹筋と背筋と腕立てをした。


聖書通読をした。


6時から、3人で祈った。


私はマルコ5章43節「イエスは、このことをだれにも知らせないようにと、きびしくお命じになり、さらに、少女に食事をさせるように言われた。」より「イエスのやさしさを感謝して祈った。


朝食は、メープルシロップとパンとサラダとヨーグルトとウィンナーと目玉焼きとアイス・コーヒーだった。


妻と娘を登校班に送っていった。


わたしは、先に戻った。


妻が帰ってきて、選択を一緒に干した。


私は聖書通読をした。


妻は今日から、学校なので、9時に出て行った。


私は、聖書通読をした。


そして、ロイド・ジョーンズを読んだ。

10時35分にNさんが家に迎えに来た。

私は車で車窓を眺めていた。

20分ほどで会社に着いた。

タイム・カードを押し、壁際の席に着いた。

今日の仕事の一日が始まった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

私は結婚してから


一度も床屋に


行ったことがない。


すべて妻が切る。


道具はそろっている。


地面に新聞紙を敷き、


ポンチョマットをかぶる。


最初、ばさ、ばさ、と切っていく。


そして、スキばさみで整える。


最後に仕上げで整える。


えりあしをかみそりで剃る。


これで、完成。


妻も最近は大分慣れてきた。


妻は長い髪が好きなので、なかなか切ってくれない。


しかし、切るときは猿のように短くする。


わたしは、この髪型が気に入っている。

冬バナー
http://nanpou.jp/

夜10時半まで眠れずにパソコンをいじった。


冷蔵庫のペット・ボトルの水を飲んだ。


布団に入った。


朝、目が覚めると4時45分だった。


妻に詩を送った。

ストレッチと腹筋と背筋と腕立てをした。


布団に入った。


6時に起きた。


3人で祈り会をしたが、わたしは欠席した。


朝食は、メープルシロップとパンとヨーグルトとサラダとウィンナーと目玉焼きとアイス・コーヒーだった。


妻は娘を登校班に送っていった。


私は聖書通読をした。


妻は戻ってきて選択を干して茶碗を洗った。


わたしは、水曜日の説教を作った。


10時23分に家を出た。


聖書を読みながら車を待った。


Kさんの車が来た。


私は車で車窓を眺めていた。


20分ほどで会社に着いた。


タイム・カードを押し、壁際の席に着いた。


今日の仕事の一日が始まった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

わたしは、


SKPEというパソコンのインターネット・海外フリー電話を使っている。


それで、夜中にアメリカの牧師たちと話す。


昨日も〇〇牧師と話した。


まずは、こちらのイースターで卵さがしをしたことを伝えた。


そして、なんぽうで働いていることを伝えた。

アメリカのイースターはとてもにぎやかだった。

そして、以前から祈っている癌の〇〇さんについて尋ねた。

近々手術とのことだった。

二人で祈った。

たわいもない話を10分ほどした。

最後に彼が祈って終わった。

とても、ひさしぶりで楽しかった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

↑このページのトップヘ