僕の楽々ブログ

2017年05月

昔よくいった
公園である。


春は桜がきれいだ。


冬にはイルミネーションがある。

秋にはイチョウ並木がある。

だいたいは、みんなの広場で、

大きな木のかげで、

ブルーシートをしき、

お弁当を食べる。

池でボートに乗る。

そこで、ソフト・クリームを食べる。

日本庭園も無料で入れる。

秋には紅葉が綺麗だ。

一日中楽しめる公園である。

冬バナー
http://nanpou.jp/

夜中12時に妻が

風邪を引いたといって、
部屋に入ってきた。


私はマッサージをした。


そして、水曜日の説教を作った。


冷蔵庫のペット・ボトルの水を飲んだ。


妻は先に寝た。


わたしも布団に入った。


6時に目が覚めた。


6時から水曜祈祷会だった。


私は、「キリストの愛」という話をした。


朝食はメロンパンとヨーグルトとウィンナーと目玉焼きとアイス・コーヒーだった。


私は娘を登校班に送っていった。


妻は風邪で学校を休んだ。


わたしは、パソコンをいじった。


10時20分に家を出た。


Hさんの車が来た。


私は車で車窓を眺めていた。



20分ほどで会社に着いた。


今日の仕事の一日が始まった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

夜中、11時まで水曜日の説教を作った。


冷蔵庫のペット・ボトルの水を飲んだ。


布団に入った。

夜中、3時に妻が風邪をひいたといって起きてきた。

薬を飲ませ、しばらく話した。

布団に入った。

3時に目が覚めた。

布団に入った。

6時に目が覚めた。

6時半から祈った。

私はマルコ6章14節「イエスの名が知れ渡ってる。」より「よくやることを祈った。」


妻は娘を登校班に送って行った。

妻は8時に学校へ行った。

わたしは、パソコンをいじった。

10時20分に家を出た。

Hさんの車が来た。

私は車で車窓を眺めていた。

20分ほどで会社に着いた。

今日の仕事の一日が始まった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

夜中10時半までパソコンをいじった。


冷蔵庫のペット・ボトルの水を飲んだ。


布団に入った。


朝、3時に目が覚めた。


妻に詩を送った。


ストレッチと腹筋と背筋と腕立てをした。


再び、布団に入った。


6時に目が覚めた。


6時半から3人で祈った。


私は申命記2章9節「主は私に仰せられた。「モアブに敵対してはあんらない。彼らに戦いをしかけてはならない。あなたには、その土地を所有地としては与えない。わたしはロトの子孫にアルを所有地としては与えない。わたしはロトの子孫にアルを所有地として与えたからである。」より「主に与えてくださいと祈った。


朝食はパンとジャムヨーグルトとウィンナーと目玉焼きとアイス・コーヒーだった。


妻は娘を登校班に送っていった。

妻は今日は学校が休みだった。

私は、パソコンで水曜日の説教を作った。

10時20分に家を出た。

Hさんの車が来た。

私は車で車窓を眺めていた。

20分ほどで会社に着いた。

タイム・カードを押し、壁際の席に着いた。

今日の仕事の一日が始まった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

日曜日、私は出かけていたので、


8時半に帰宅した。


急いで、スーツに着替えた。


もう部屋の準備はしてあった。


9時から妻が娘に日曜学校を教えた。


私は、畳で休んでいた。


10時におばあちゃんが来た。


私はⅠコリント9章1節から11節より「福音の働き」という話をした。


1.自由


Ⅰコリント9章1節「私には自由がなのでしょうか。私は使徒ではないのでしょうか。私は私たちの主イエスを見たのではないでしょうか。あなたがたは、主にあって私の働きの実ではありませんか。」


わたしたちは自由だ。


2.さばき


Ⅰコリント9章3節「私をさばく人たちに対して、私は次のように弁明します。」


さばいてはならない。


3.権利


Ⅰコリント9章5節「私たちには、ほかの使徒、主の兄弟っち、ケパなどおt違って、信者である妻を連れてあるく権利がないのでしょうか。」

パウロには平等な権利があった。

4.わたしがやります。

イザヤ6章8節「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここにわたしがおります。私をお遣わしください。」

5.賛美

コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向って賛美歌いなさい。」


以上。

冬バナー
http://nanpou.jp/

↑このページのトップヘ