水曜日は水曜祈祷会の日だ。


朝、6時に始まった。


ローマ2章7節ー17節「それでは、どういうことになりますか。律法は罪なのでしょうか。絶対にそんなことはありません。ただ、律法によらないでは、私は顔を知ることがなかったでしょう。律法が「むさぼってはならない」と言わなかったら、私はむさぼりを知らなかったでしょう。」



1.律法のないところに罪はない。


Ⅰコリント15;59「ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざにはげみない。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだではないことを知っているのですから。」


2.律法は聖なるものである。


ローマ7章12節「ですから、律法は聖なるものであり、戒めも聖であり、正しく、また良いものなのです。」


3.律法は良いものである。


ローマ7章16節「もし自分のしたくないことをしているとすれば、律法は良いものであることを認めているわけです。」